SYSTEMBASE

製品情報

product_detail_slide_img
SB16C1054_TQ80
    – 256バイト送受信FIFOを持つSB16C1050UARTコア4個内蔵
    – RS422及びRS485バス自動入出力開閉機能のオートトグル機能対応
    – 最大5.3Mbpsまで通信可能
    – グローバル割り込み機能および割り込みバックター処理機能をサポート
  • Overview
  • Specification
  • Block Assignment
  • Dimension
  • Download

概要

SystemBase 「SB16C1054」は、自動ソフトウェア/ハードウェアフロー制御および256バイトFIFOを備えた4系統のUARTコントローラ半導体です。
(Universal Asynchronous Receiver Transmitter;汎用非同期送受信機) 最大5.3Mbpsのデータ処理速度と256バイトFIFOによりCPUの負荷を低減し、より多くのデータを処理します。

 さらにSB16C1054は、非常に短いアクセス時間を提供します。 これはCPUにより多くの余裕時間を提供することができます。 優先順位割り込みシステム制御は、独立した7つの割り込みを処理するのに有用に使用されます。

 

柔軟な設計に役立つ先進機能

数多くの機能を備え、各種応用製品や回路の設計を強力にサポートします。シンプルかつ強力な機能群により、採用製品の設計が容易に行なえます。詳細はSB16C554Aのデータシートをご確認ください。

 

256バイトFIFO内蔵

SB16C1054は256バイトのFIFOを内蔵し、CPUでのソフトウェア過負荷を低減します。 256バイトのFIFOをシステムに適用できます。 ほとんど二つのFIFOモードの64バイトFIFOと256バイトFIFOを持ちます。 TheFCR(FIFO Control Register)とAFR(Additional Feature Register)FIFOを適用することができます。 そして、常に割り込みTrigger Levelをレジスタ選択を通じて送信することができます。

 

 

優先順位割り込みシステム制御

優先順位割り込みシステム制御は、独立した1チャンネルUART4個をSB16C1054内に内蔵し、4個の割り込み使用が可能です。 割り込み信号は内部UARTそれぞれINT0、INT1、INT2とINT3に指定されています。 そしてSB16C1054の4つの割り込みは1つのグローバル割り込みで処理して制御できます。 グローバル割り込みは4つの割り込みを1つの割り込みで処理することで割り込みチャンネルが不足しているシステムで非常に有用であるだけでなく、追加的なレガシー回路も必要ありません。

 

自動ボーレート制御

SB16C1054プログラミングbaudrate生成するレジスタによって制御されるフリースケールを持っています。このレジスタの設定は、フリースケールから1または4つのクロック信号に分かれます。 そしてbaudrateはクロック信号によって分けられ、プログラムを通じて1,216個を含む16xクロック速度でシリアルデータをサンプリングします。 サンプリング使用時、低いクロックを通じて送信され、データがビットに移動され、サンプリングデータを受信します。

 

Xon特定機能

RXソフトウェアの流れ制御機能が活性化される間、TXFIFOを通じてXon character特性データを送信し、Xoff character送信が中断される時に送信します。 この状態を「Xoff状態」といいます。 送信時に再起動すると、「Xon status」状態が変わり、Xon characterやXon状態の機能からデータが送信されます。

 

Xoff再送信機能

TXソフトウェアの流れ制御機能を通じて、Xoff re-transmitという新しい機能を提供します。 この機能は、Xoff文字を送ったにもかかわらず、相手からデータを送ってくる場合、Xoff文字を再送信する機能であり、Xon/Xoff制御時に相手先が何らかの理由によりXoff文字を逃してしまう場合、非常に有用な機能です。

便利な割り込みPoll/Maskレジスタ

グローバル割り込みラインを使用する場合、割り込みが発生したとき、どのUARTで割り込みが発生したのかを知る必要があります。 GISRがこの機能を実行しますが、SB16C1054内部の4つのUARTでそれぞれ発生した割り込み状態を示します。 場合によっては、4つのUARTで割り込みが発生してもSB16C1054のグローバル割り込みラインが連結されたシステムに割り込みを伝達する必要がない時があります。 GICRは、それぞれのUARTで発生した割り込みをグローバル割り込みラインを通じて伝達可否を制御する役割を果たします。 GICRとGISRを制御すると、優れた割り込み処理システムを作ることができます。

 

Auto-RTS及びAuto-CTS機能

SB16C1054はAuto-RTSおよびAuto-CTS機能をサポートします。 EFRレジスタを通じてAuto-RTSとAuto-CTS機能を使用するかどうかを選択することができます。 Auto-RTS、Auto-CTS機能が活性化されると、CPUによって処理されずFIFOに残っているデータ数によって、RTS#とCTS#ピンを通じて適切な制御動作を行います。

 

スタートビット誤り検出

SB16C1054は誤ったスタートビットとみなします。はSB16C1054は外部から入力されるスタートビットが検出されると、これが正常なスタートビットなのか、それとも誤ったスタートビットなのかを判断することになります。 もし、間違ったスタートビットと判断されれば、新しいスタートビットを待ち、これはUARTの誤動作を防ぐことになります。

特徴

特徴256バイト送受信FIFOを持つSB16C1050URATコア4個内蔵
RS422及びRS485バスでハードウェア的に自動入出力開閉機能であるオートトグル機能に対応
16C550及び16C650レジスタ構造と互換
最大5.3Mbpsまで通信可能
ソフトウェアフロー制御機能 : Xoff文字送信後、データが送信され続けるとき、Xoff再送信対応
どの文字でも受信されても通信を再開するXonany機能
省電力スリープモード
プログラムによってシリアルデートフレームを調整可能
– 5、6、7、8ビット文字転送可能
– 偶数パリティ、奇数パリティ、ノーパリティ選択可能
– 1、1.5、2ストップビット設定可能
(1.5ストップビットからは最初の1つのストップビットのみ検査し、それ以降は検査を行わない)
誤ったスタートビット検出およびLine Break生成または検出支援
通信リンク故障診断のためのループバック制御機能をサポート
モデム信号制御及びモニタリング支援(RTS#、CTS#、DTR#、DSR#、DCD#、RI#)
優先順位割り込みシステム制御
最も速いバス応答速度、24ns対応
3.3V動作、5V信号入力可能
80ピンTQFP、68ピンPLCCパッケージ対応
応用例シリアルマルチポートカード(RS232/RS422/RS485)
遠隔接続サーバー(PSTN)
FA及びプロセス制御
イーサネットネットワークによるシリアルポート変換装置
ネットワーク管理サーバ(コンソールサーバ)
POSシステム